野球実況

【MLB実況を英語で観よう!】Vol.2 大谷選手初ホームランダービー(1)

エンゼルス大谷翔平選手の活躍が目覚ましい2021年。
毎朝の野球ニュースを楽しみにしている人も多いですよね。

日本語訳がついたニュース動画もいいですが、
現地の英語実況・解説を理解できるようになるとより一層楽しめると思います。

大谷選手を応援しつつ、野球実況を通して英語力も鍛えられれば最高!!
というわけで実際のMLB実況動画に登場する英語表現について取り上げていきたいと思います。

今回の実況動画

 今回は大谷選手が初めてホームランダービー(MLBオールスターゲームの前日に行われるホームラン競争)に出場した際のこちらの動画です(MLB公式動画chより)。

引用元:MLB公式Youtubeチャンネル(https://youtu.be/81bb6Po7W0w)より

動画のタイトルについて

動画タイトル の
“DOUBLE OVERTIME SWING-OFF! Juan Soto and Shohei Ohtani put on a Home Run Derby BATTLE FOR THE AGES!”
から見ていきましょう。
登場する主な語句の意味は以下の通りです。

<主な語句>
①overtime = 延長戦の
②swing-off = 思い切って振る
③put on ~ = ~を催す、上演する
④for the ages = 歴史に残るような

というわけで日本語にすると、
『二度にわたる延長戦でのフルスイング! フアン・ソトと大谷翔平が後世に残るような素晴らしいホームラン競争を演じた!※』
となります。
※英語ニュースでは過去の出来事でもタイトルには現在形が使われます。

それでは動画の内容に移りましょう。

ホームランダービーのルール

 ここで、ホームランダービーのルールを簡単にご紹介します。
ルールは至ってシンプル。
 1対1の勝ち抜き戦で、持ち時間3分(決勝は2分)の間により多くのホームランを打てた方が勝ちとなります。
途中で1度だけ45秒間の休憩を取ることができます。
 制限時間に達すると1分間の休憩を挟んで全員が30秒間のボーナスタイムに突入します。
また、飛距離475フィート(約145m)のホームランを打つと追加で30秒間のボーナスタイムが得られます。
 勝敗がつかない場合、タイブレーク戦に移り、休憩なしの1分間でのホームラン数を競い合い、それでも勝敗がつかない場合は一人3スイングで何本ホームランを打てるかで競います。

(画像引用元:MLB公式動画(https://youtu.be/e9BX1miwXus)より)

<主な語句>
single elimination = 敗者復活戦の無い勝ち抜き方式の
awarded = 与えられる
additional = 追加の
tiebreaker = 同点決勝ゲーム
stoppage = 停止、止めること
tie = 同点になる

大谷選手登場~競技スタート~最初の休憩まで

 今回は8:38~の大谷選手登場から競技開始後の最初の休憩(11:37付近)までを見ていきましょう。

 再生ボタンを押すと該当時間から開始されます↓

スクリプトと主な語句は以下の通りです。

<スクリプト>

アナウンサー(Karl Ravech):
“How telling will the first few swings be for you does it matter?”
 (最初の数回のスイングの感触は重要でしょうか?)

解説者(Eduardo Perez):
“I don’t think the first few do matter. I believe you have to look at it, 25, 30 seconds into his round. And again, a lot of early risers including that man right there who won it in 1998 taking a picture of our generation’s Babe Ruth and you could say he surpassed that at least in the first half.”
(最初の数スイングは特に重要だと思わないね。彼がスタートして25秒後、30秒後を見なければいけないと思うよ。(大谷の写真を撮っているケン・グリフィーJrを指して)一方で、早起きの人がたくさん居るね。あそこで我々の世代のベーブルース、少なくとも前半はベーブルースを超えたと言える男の写真を撮っている、1998年のホームランダービー優勝者もその一人だね。)


アナウンサー:
“Jason Brown is getting everything set out front. You just saw Shohei look at the pitcher’s L, had moved it a few inches. Now, they’re adjusting where he’s gonna throw the ball. Jason Brown, the last night he threw a baseball to Shohei Ohtani that swung at was in March. Understand that the last time this guy threw a ball that Ohtani swung at was in March.
(ジェイソン・ブラウンが前で準備をしています。大谷がピッチャー用ネットに合わせて数インチ動いたのがおわかりになったと思います。二人でどこにボールを投げるか調整していますね。ジェイソン・ブラウンが大谷が振ったボールを最後に投げたのは3月です。この男が大谷へ最後に投げたのが3月であるということはわかってあげてください。)

解説者:
“Jason Brown
wanted a warm-up. There’s no warm-ups here. Let’s go! HAHAHA.”
(ジェイソン・ブラウンはウォーミングアップを望んだもののここではウォーミングアップはないのさ、さあ行こう!笑笑)


アナウンサー:
“The first pitch he threw during batting practice turned out to be a cutter. He said I didn’t mean to do that. Go ahead, Buster. “
(バッティング練習で彼が最初に投げたのはカットボールだったんです。彼はそんなつもりはなかったと言っていましたけどね。(中継のリポーターに向けて)バスターどうぞ。)

リポーター(Buster Olney):
“So, Karl. I’ve seen a lot of these home run derbies so have you. And let’s face it, a lot of players by the end of the first round are typically gone. The end of this first round, No. “
(えー、カール。私はあなたと同じく多くのホームランダービーを観てきました。正直な話、多くの選手が1回戦終了までに帰るのが普通です。でも今年の1回戦は違います。)

アナウンサー:”No.” (そうだね。)

リポーター:
“They are all sticking around to watch the show.”
(みんな、ショーを見るために近くに残っているんです。)

アナウンサー:
“Year, there’s a label of amazement with what Ohtani’s done from his peers without question, being that two sport that is two-way guy,pitcher and hitter. So far, he’s got a lot of singles and doubles
(うん、他の野球人からも彼のやってきたこと、二つのスポーツ、つまりピッチャーとバッターの二刀流に対して疑いの余地なく驚きの声があがっています。今のところシングルヒットとツーベースヒットをたくさん打っていますね。)

解説者:
“Yep. Once he gets up first one, he should get on the run. Again, he has not been hitting it off Jason Brown all season long.”
(そうだね。一本出ればきっと勝てると思うんだけど、、それにしても、シーズンを通してジェイソン・ブラウンとは相性が悪いね。)

アナウンサー:
“HAHAHA. We all just head back 30 seconds in, he still hasn’t had a home run. The last one he took during batting practice was 510 feet.”
(ははは。さて開始して30秒経ちますが、まだ一本も出ていません。打撃練習で最後に打ったホームランは510フィート飛ばしていました。)

解説者:
“And, as much pressure Shohei’s feeling so is Jason Brown right now. There’s one.”
(ショーヘイが感じているのと同じくらいのプレッシャーをジェイソン・ブラウンは感じているね。一本出たね。)

アナウンサー:
“We believe it is it’s certainly high enough. Is it far enough? Yes, it is! So it’s on the board, but it’s a minute in with one. Avoid the left-handed hitters, huh?”
(高さは十分そうです。飛距離は十分か?入りましたね!でも1分で1本ですね。左バッターを避けているのでしょうか?)

解説者:
“Yeah, Jason Brown’s got some run till right now also.”
(そうだね。ジェイソン・ブラウンもちょっと逃げている感じだよね。)


アナウンサー:
“Wow. Not what we thought from Ohtani with a minute 50 on the clock. Soto’s not even really watching. Hooks one down the line. That is gone. That’s number 2. He doesn’t have the bonus yet. Hasn’t really squared…Now he’s starting to!”
(おお。開始1分50秒の時点では予想外の状況です。ソトはもはや観てもいません。ライト線をフックして飛んでいきます。入りました。二本目です。彼はまだボーナスを獲得していません。まだ本調子では無さそ…(さらにホームランが出て)さあ始まりますよ!)

解説者:”There it is.” (ほらね。)

アナウンサー:
“Careful out there because the ball is coming off the bat at a very high rate of speed. Only 4 with a minute 20 in the first round. That should get up enough.”
(ものすごいスピードのボールがバットから放たれて飛んでくるので気をつけてください。第一ラウンドの1分20秒ではわずかに4本。きっと十分調子も上がってきたことでしょう。)

<主な語句>
①telling = (形)手ごたえのある
②and again = また一方では
③set out ~ = ~を用意する、配置する
④pitcher’s L = バッティングピッチャー用のL字型の防球ネット
⑤swung = swingの過去形
⑥turn out to be ~ = (結果)~になる
⑦Let’s face it = 事実をあるがままに受け入れよう、正直な話、実のところ
⑧typically = 典型的に
⑨stick around =近くにいる
⑩amazement = 驚き
⑪peer = 仲間、同僚、同等の人
⑫two-way = 二刀流の
⑬so far = 今のところ
⑭singles = 一塁打
⑮doubles = 二塁打
⑯get on the run = 敵を敗走させる
⑰hit it off(with~) = (~と)仲良くやる、そりが合う
⑱all season long = シーズンを通してずっと
⑲certainly = 確実に
⑳left-handed hitter = 左バッター
㉑down the line = ラインに沿って(down the right field line = ライト線に沿って)
㉒square = 調和する、適合する
㉓There it is. = ほらね、言ったとおりでしょ

補足説明その1 ~ “二刀流”は英語で何て言う? ~

『二刀流』は英語では“two-way”と表現されます。直訳すると”二つの道”となりますが、『バッターの道もピッチャーの道もどちらの道を歩んでいる⇒二刀流』というイメージを持つと覚えやすいかもしれません。
外野の守備につくこともある大谷選手は『三刀流』と表現されることもありますが、
その場合は“three-way player”等と表現されます。

例文) He can hit a lot of home runs as a hitter and throw 100 mile per hour fast ball as a pitcher, so he’s called two-way player.
訳) 彼はバッターとしてたくさんのホームランを打て、ピッチャーとして100マイルの速球を投げることができるので、二刀流プレイヤーと呼ばれている。

補足説明その2 ~ ヒットの種類別英語表現 ~

単打から本塁打まで様々なヒットがありますが、主な表現について挙げてみました。

主なヒットの英語表現
単打:single / one-base hit
二塁打:double / two-base hit
三塁打:triple / three-base hit
本塁打:home run
  (ホームランの表現方法はこちらの記事の補足説明もご覧ください)
長打:extra-base hit
タイムリーヒット:clutch / RBI hit
  (RBI = run battled in = 打点のこと)
タイムリーツーベースヒット:RBI double
タイムリースリーベースヒット:RBI triple
〇点タイムリーヒット:〇-run single
〇点タイムリーツーベースヒット:〇-run double
〇点タイムリーツーベースヒット:〇-run triple
〇ランホームラン:〇-run home run
  (〇にはtwoやthree等の得点数が入ります)

例文
英) He hit an RBI double in the game.
訳)彼はその試合でタイムリーツーベースヒットを打った。

おわりに

 大観衆の中でのホームランダービー、大谷選手よりもピッチャーを務めたジェイソンさんの方がプレッシャーが過ごそうでしたね、、なかなかホームランが出ない苦しい展開となりましたが、この後驚異の粘りを見せてくれます。そちらの様子は次回ご紹介します!